原佐知子 巨尻ジョギングおばさんが痴漢に犯される

五十路の専業主婦・原佐知子。
50歳を過ぎていよいよ太ってきたこともあり、
健康の為に毎朝のジョギングを日課にしていた。
その様子を、毎日のように眺めていた熟女好きな痴漢の青年。
「ジョギングおばさんのプリプリした巨尻堪んねえなあ」
ある日、痴漢青年は、ジョギングおばさんが走り終えて
自宅に入る瞬間を狙って襲います。
必死に抵抗するジョギングおばさんを力づくでねじ伏せる青年。
お尻やおっぱいを撫で回したうえ、無理やり熟女まんこにチンポを挿入。
様々な体位を楽しんだ後、溜め込んでいた濃い精子を中出し…

原佐知子

ジョギング妻の誘い尻 » vol.2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加