瀬戸内はるみ56歳は朝立ちペニスにむしゃぶりつく!

五十路母、瀬戸内はるみ(56歳)は、
なかなか起きてこない大学生の息子を起こしにやってきました。
部屋のドアを開ける五十路母。
目に飛び込んできたのは、息子が朝立ちしている姿でした。
エッチな気持ちになってしまった五十路母は、ズボンのうえから、息子の股間をニギニギ。
「子供のころは、小指くらいのチンポだったのに、こんなに立派に成長しちゃって」
衝動を抑えられなくなった五十路母は、
息子のパンツを降ろし、露出した勃起ペニスにむしゃぶりつきます。

瀬戸内はるみ

月刊熟女秘宝館 妖艶淑女のビショ濡れ小陰唇 » vol.4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加